top of page
  • 管理人

In A Sentimental Mood

更新日:2022年7月8日

先日ある先生の講演を聞く機会がありました。

若者を理解しようと言った内容の講演でした。


その中である中小企業の取り組みのお話をされました。

その企業は大学を卒業する若い方々に就職してもらいたいと願って様々な取り組みをするなか、若い人達の意見も取り入れて行きたいとの思いから、研修に来ていた大学生の方々にも企業の戦略会議に出席してもらって居たそうです。


その会議で皆さん真剣に話し合いをされるのをみて、学生さんはスマホを取り出し触っていたそうです。そうしていたところある方が、学生さんに皆真剣に話し合いをしているのに君は携帯を触っていたらダメじゃないかと注意をされたそうです。

学生さんは、何か力になれないかとスマホを使って色々調べていたそうです。


私たちにとっては携帯にアプリが付いてると思うスマホも、今の若い人達にはスマホという1つのツールでありそれに携帯の機能が付いてる感覚なのです。と話された一文が心にとまりました。


私もその場にいたら、同じように注意をしただろと思ったからです。

もっと若い人達の事を理解しないとだなぁっと感じたのです。


この年の離れは二人は音を通してどう理解を深めたのでしょう

云わずもがな、名盤であり、名演「デュークエリントン&ジョンコルトレーン」の1曲目に収録された

In A Sentimental Mood



閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

石央文化ホール ロビーコンサート

6月29日、お隣浜田市にある石央文化文化ホールでのロビーコンサートでした。 私自身久しぶりの本番ですっかり緊張していましたが、お越しくださいました100名近いお客様のノリの良さで、緊張はどこへやら 確り楽しませてもらいました。 やはり、お客様との距離の近いLiveは楽しいですね。 お越しくださいました皆様本当にありがとうございました。 諸々と反省するところはありましたが、一体感のあるLiveが出来

Comments


bottom of page