top of page
  • 管理人

チュニジアの夜

先日ネットのニュースを観ていたら、チュニジアについてのニュースが目にとまたった。


あまり良いとは言えない内容だった。

こう言うことは、各々考え方があって人がどうこう言うことではないのかもしれないけれど、良いと思われる方向に進んでいた船が、真逆を向き直したような感じがした。


このニュースを見てチュニジアの夜が頭に浮かんだ

ガレスピーやマイルス・デイビス、チャーリー・パーカー、バド・パウエル等、沢山の名演と言われる演奏があるが、なぜかエラ・フィッツジェラルドの歌が浮かんできた。

彼女の歌うチュニジアの夜の歌詞の中に次の一文がある

The cares of the day seem to vanish

The ending of day brings release Each wonderful night in Tunisia

Where the nights are filled with peace 

一行づつ訳してみると


一日の心配事が消え去り

一日の終わりは、解放される

チュニジアの素晴らしい夜

夜が平和に満ちている場所

とこうなるのかな?

歌詞としては面白くないので私なりに考えてみた


私の心を騒がせる出来事も 夜の帳と共に何処かに消え去り解放される 。

チュニジアの素晴らしい夜は平和が満ちている場所だから

歌としては成立しないかもだけど、こんな感じなのかなぁ


何にしても、どこに居ても平和に満ち溢れた世界であることを願う。



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年も一年ありがとうございました。

コロナ禍にあって少しずつですが、ライブ等も開催できるようになり、スゥイングフェニックスもライブで皆様方と触れ合う機会が増えたことは嬉しい限りです。 来る年も精一杯皆様に喜んで頂けるパフォーマンスをお届け出来るように頑張っていきたいと思います。 今後もスゥイングフェニックスを応援よろしくお願い致します。

Comments


bottom of page